舞鶴観光ガイドボランティア「けやきの会」が
お奨めするとっておきのコース
自転車で回るといいとこいっぱい見つかるよ



土日祝限定

 

JR東舞鶴駅北口から歩いて約3分のところにある
「西村モータース」

1時間 300円
3時間 400円
5時間 600円
5時間以上(1日)
でも、800円


とリーズナブルな料金



上手に利用して
贅沢に見て回りましょう





《  》
見学・昼食時間

【  】
出発・到着・通過時刻
JR東舞鶴駅【10:50】

西村モータースで
自転車を借りる【11:00】

赤れんがトンネル【11:02】

北吸浄水場【11:10】

つつじヶ丘【11:25】

海軍記念館《11:30〜12:10》

坂根食堂で昼食《12:15〜13:00》

東郷邸と司令部跡【13:10】

水交社の門【13:15】

ユニバーサル造船を道路から見る【13:20】

自衛隊桟橋《13:30〜14:10》

赤れんが倉庫群《14:10〜14:20》

舞鶴市政記念館《14:25〜14:35》

赤れんが博物館《14:40〜15:00》

海上自衛隊警備隊の門【15:05】

前島埠頭【15:10】

夕潮台公園【15:15】

海軍橋【15:25】

まいづるベイプラザ【15:30】

松島橋

海上自衛隊舞鶴教育隊【15:45】

松島通り

八島通り・七条通り・三条通(買い物)《16:00〜16:40》

西村モータース【16:50】
自転車を返す
走行距離 約10キロ
レンタル料 800円(6時間)〜  西村モータース 
電話 0773-62-2818
昼食代 600円  肉うどん その他うどん580円〜、丼物・定食もあり
        (うどん、丼物700円迄 定食1,300円迄)  
             坂根食堂 電話 0773-62-1644
入館料 300円   赤れんが博物館  0773-66-1095
休憩 350円〜 市政記念館喫茶コーナー
          舞鶴市政記念館 電話 0773-66-1096
お土産 100円〜  海産物・お菓子・産直野菜など  
        八島商店街・七条商店街・三条商店街  











みどころ



















































トイレのあるところ





赤れんがのトンネル 明治37年に作られた赤れんがのトンネル
東舞鶴駅から旧海軍工廠までの鉄道の引込線に作られたものであるが現在は自転車道路になっている
浄水場 軍艦に水を補給するために明治30年代に水道設備が整えられた
舞鶴で最も古い浄水施設
配水池上屋は大正15年に建てられた赤れんが造りのもの
つつじヶ丘 旧海軍病院があったところ
現在は海上自衛隊の官舎になっている
旧海軍の港であった東港が眼下に望める
海軍記念館 海軍の歴史やゆかりの人物についての資料が多く集められている
土日祝日のみ見学できる 15名程度以上団体の場合は2週間以上前に予約が必要  入場無料
※ 緊急な事情で見学できない時もあるので注意     
東郷邸 舞鶴海軍の初代司令長官 東郷平八郎中将が赴任中に滞在していた宿舎
当時そのままに保存されている
内部に入ることはできないが、外観から当時をしのびたい
海軍司令部跡 東郷邸のすぐ近くに司令部跡という石柱がたてられている
現在は公務員宿舎がたっている
水交社の門 元海軍下士官の社交場であった水交社の門がそのまま残っている     建物は取り壊されて公務員宿舎になっているが
美しい独特の形が印象的 
ユニバーサル造船 元海軍工廠の場所にユニバーサル造船がある
日本海側最大級の造船所
道路から広大な敷地を望むことができる
自衛隊桟橋 国道のすぐそばに護衛艦が停泊している、日本でも珍しい光景
土日祝日は桟橋から見学ができる
海軍記念館と同様、団体の場合には予約が必要 無料  
赤れんが倉庫群 旧海軍の軍需品などを保管していた大きな赤れんがの倉庫が12棟も建ち並び、独特の雰囲気をかもし出している
100年前にタイムスリップしたかのような気持ちになれる空間
舞鶴市政記念館 12棟の赤れんが倉庫のうちリニューアルされたものの一つ
明治35年に建てられたものでれんがの積み方がイギリス積み
1階が展示やイベントのホールと喫茶店、
2階には舞鶴の明治以降の歴史を紹介するコーナー   
まいづる智恵蔵 12棟の赤れんが倉庫のうち、平成19年春にリニューアルされた最新の施設
舞鶴市政記念館と同型で、明治35年に建てられたもの
旧海軍時代に物資を運んだレールのあとが建物内に残り、見ることができる                           
赤れんが博物館 12棟の赤れんが倉庫のうちリニューアルされたものの一つ
明治36年に建てられた魚形水雷庫の外壁や2階の床などがそのまま使われている
フランス積みでさらに補強のために鉄骨が使われている珍しい建物
世界中のれんがやれんが建造物     
の資料が展示されている                    
お土産コーナーもある                      
警備隊の門 舞鶴の海軍の西門が移築されそのまま正門として使用されている
前島埠頭 平成初頭に埋め立てられて建設された埠頭
ほぼ毎日、北海道の小樽港とを結ぶ大型フェリーが周航している
出航は夜12時半、入港は夜8時過ぎ。
夕潮台公園 海岸近くの小高い丘
もとは周囲に海軍軍人の官舎が約100軒建っていたので地元の人から官舎山とよばれていた
頂上付近は公園として整備され散歩コースとなっている
西側ふもとに防空壕の跡が残っている
夕潮橋(海軍橋) 小さな橋であるが、元は海軍橋と呼ばれ軍の構内とまちとをつなぐ橋であった
この下を流れる寺川河口の護岸は明治30年初頭に建設されたもので100年以上東港の岸を守り続けている
まいづるベイプラザ 舞鶴市商工観光センターが正式名
ガラス張りの建物の1階では市内の観光案内情報やパンフレットを入手できる
手を入れて魚に触れられるふれあい水槽は心がやすらぐ
おいしいコーヒーとケーキやサンドイッチの喫茶コーナーも平成20年1月にオープン
6階からの東港のビューはおすすめ              
海上自衛隊教育隊 海上自衛隊舞鶴教育隊は昭和14年に建てられた旧海軍海兵団の跡地にあり広大な敷地で自衛官の教育・訓練・養成がおこなわれている
商店街 商店街がある通称「浜地区」はもとは葦が茂る湿地帯であった
明治34年に海軍鎮守府がこの地に置かれることになり軍港のまちとして発展した
中心部の南北の縦の通りには鎮守府司令部に近い西の方から一条から9条まで、東西の横の通りには当時の軍艦の名前がつけられている
八島商店街のアーケードの柱には明治30〜40年代ごろの軍艦のシルエットが、三条商店街のアーケードの柱には横切る道路名の元となった一等戦艦のシルエットが展示されている
疲れたときは 座れるところ 市政記念館1階の喫茶コーナー
まいづるベイプラザのロビー喫茶店
まいづるベイプラザ2階の喫茶レストラン
八島商店街の「八島いっぷく亭」